無料体験申込

レアルマドリード・ファンデーション・フットボールスクール・ジャパン 愛知豊田校(豊田市)

愛知県豊田市

【無料体験申込フォームは一番下に御座います】 世界を代表するスペインの強豪、レアルマドリードの公式サッカースクールの愛知豊田校です。 【レアルマドリードの育成理念とは】 レアルマドリードという言葉から連想するイメージは、巨額の移籍金を積んでスターを買い漁る銀河系軍団だと思います。選手を育ててる気なんて全くないのではと疑われることがありますが、それは誤解です。レアルマドリードは、トップチームのコンセプトと育成の理念を明確に分けているのです。育成からトップチームに入れるのは年に1人いるかいないかです。それ以外の子は不合格者です。育成機関というのは不合格者を量産するためにあるべきではなく、合格者を排出するためにあるのです。なので、レアルマドリードの育成理念は、『素晴らしいサッカー選手、素晴らしい人格の人間になること』です。これであれば全員合格できます。どんな国に行っても、どんなチームに入っても、どんな監督のもとでも、即座に適応し、パフォーマンスが下がらない人材を育成するのです。事実、世界という規模で見た場合、プロサッカー選手はレアルマドリード育成出身が最も多いのです。環境の変化に動じない人材を排出するのがレアルマドリードの育成理念の中心なのです。ではより詳細にその理念を見ていきましょう。 1、サッカーは楽しむもの サッカーは、つらさに耐えることが目的ではない。精神修行の道具でもない。サッカーは楽しむもの。サッカーはゲーム。楽しければ自然と子供は夢中になり、一生懸命になる。プレステやDSなどのゲームをやっている子供は寝食を惜しんでゲームに熱中する。次のステージに行くんだ!って自ら努力する。そしてあっという間に上手くなる。それは楽しいから。サッカーはゲーム。もし夢中になっていないとしたら、それはサッカーが楽しくないから。夢中になってやること。それがサッカーが上手になる一番の近道。 2、サッカーはチームスポーツ 仲間を理解し、尊重し、仲間を活かす。子供の頃は、少しドリブルが上手だったり、シュートがうまかったりすると、ほとんどの状況は打開でき、チームも勝ったり出来るし、なにしろ目立つことが出来る。だから子供も個人技の練習をやりたがるし、テクニック重視のスクールも多い。勝つことが必要なクラブチームでは個人のテクニックに頼った方が勝利しやすい。しかし、テクニックは上のレベルに行くと、必ず自分より上のテクニックの人間が現れる。世界は広いので、必ず現れ、そして止められる。その時に、個人技以外の選択肢を持っていないと、突然全く通用しない選手になってしまう。そこから仲間を活かす練習をすれば良いのだけれど、テクニック重視で育ったこどもは、全体を観て、他人を理解し、他人を活かすという発想には簡単には変われない。出来る限り早い段階で、個人技に頼るクセから脱却し、仲間を活かし、様々な選択肢を自分で作り、その中から状況に合った判断が出来る子供に育てる。学校や、会社に入った時、自分だけでは生きていけない。仲間を理解し、尊重し、仲間を活かすこと。組織として機能するというのは、個性を殺して型に合わせるのではなく、個性を理解し、個性を活かし合うこと。 3、本当の「個の力」の意味を理解する 「個の力」を個人技やフィジカル強化と誤解している人が多い。個の力は、『観察→認識→判断→行動』の4つのプロセスの成果。ドリブルやリフティング、シュートの練習やフィジカル強化は、この4つの中の「行動」を磨くもの。しかし、観察→認識→判断が抜けていると、意味不明な行動になることが多い。自分本位や試合展開を考えていないプレーが多くなる。判断が間違っているっている個人の行動はチームにとって逆にリスクとなる。観察→認識→判断を磨くには、「経験」するしかない。どれだけ多くのシチュエーションを過去に経験し、蓄積しているかが勝負となる。それを瞬時に応用して、瞬時に行動に移せるかが真の「個の力」。行動を磨くのは後からでも出来る。しかし経験は早く始めた方が蓄積量は多くなる。出来るだけ早くから、認識→分析→判断を磨くトレーニングをした方が良い。それには断片を切り取った練習ではなく、連動したサッカーを沢山やること。「サッカーは、サッカーでしか上手くならない」。 4、認識→分析→判断を磨く 海外では、「日本人のスキルは世界トップレベルかもしれない。ただし相手がいなければ・・」と言われている。サッカーは相手がいるスポーツ。攻守が目まぐるしく変わり、状況は常に変化している。レベルが上がると、周囲から指示してもらう猶予などない。そこでは、その瞬間の状況を認識し、瞬時に分析し、選択肢を揃え、その中から最適な判断を下せるが勝負を分ける。海外では、アスリートは引退してからも尊敬され続ける。様々な状況判断を瞬時にしなければならない経験をしている特別な人たちだから。日本ではそうはいかない。引退した途端、「子供の頃からスポーツ一筋で、世間知らずで何も出来ない人」のような見られ方をする。スポーツを通して、このような状況判断トレーニングを積んでいると、その後の人生で必ず訪れる「決めなければならない場面」で抜群の判断力を発揮する。長い人生においては状況判断能力が必要な場面は幾度となく訪れ、その結果次第で全く違う人生を送ることもある。 5、個人技(行動)の練習は、自分でやる 個人のテクニックは、「ボールと自分」の関係性のものであり、ボールがあれば自分一人で練習できる。わざわざ集まってするものではない。せっかく様々な個性が集まっているのに、そこでドリブルやリフティングなどの個人練習をするのは時間がもったいない。サッカーの試合は、ボール1個に対して22人の人間がいる。1試合でボールに触っている時間は1分~2分程度。それ以外の大半の時間に何をするべきかがとても大切。その1~2分のための練習ばかりやってもサッカーは上手くならない。ボールは自分で動かないが、人間はそれぞれが複雑に動く。だから人間の動きを理解する練習がとても大切。それは集まった時にしか出来ない。確かに足元のテクニックが伴っていた方が上手くいく。しかし、そこで上手くいかなかったことに対して適度にストレスを感じてもらうことは悪いことではない。そういう子は自分で個人技の練習を始める。テクニックは目的ではなく手段であるということを自分で気づいて、自分で習得しようと思えば上達も格段に早い。やらされ詰め込まれるより、自分で必要だと感じたことを身に着けていく。当校の練習は1回1時間強しかなく、その短い時間だけでサッカーが突然上手くなるわけがない。その練習の中で、課題を見つけ、次の練習までに克服し、答え合わせをする。持っている時間全体の中で上達してもらうことが大切。 6、やたら教え過ぎない 自分で考え、自分で判断し、自分で行動する選手に育ってもらいたい。大人が教えすぎることで、子供は自分で考える力が落ち、指示を待たなければ動けなくなってしまう。子供たちの試合を見に行くと、お父さんやコーチが選手に、「シュート!」とか「ドリブルで抜け!」とか「逆サイド!」とか、とにかく指示が多い。これでは自分で考えられる子には育たない。大人の「教えたい」という気持ちは悪いことではない。でも教え過ぎるとそれは指示待ちの子供を作ってしまう可能性がある。自分で考えられなくなると、コピー&ペーストに頼るようになる。資料ひとつ自分で作れなくなり、雛形やサンプルを探すようになる。答えは与えられるものでなく自分で見つけ出すということを感じてもらうため、当校では極力答えは与えない。怒鳴るコーチに強烈に教えられたチームは、大人のコピーが進むので、ある年代までは良い成績を残す。しかし、「教えられた子はもろい。学んだ子は強い」。その後は自ら学んだ子の方が成長が加速する。当校は教えるのではなく、学べる環境を作る。環境とは、適切な練習メニューと適切な声がけ。コーチは、自分のコピーを作るのではなく、子どもが自分で学べる最高の環境を作ることに専念する。 7、周囲のサポートに感謝する プロの選手になると、栄養士、トレーナー、マネージャー、スポンサーなど様々なサポートに支えられて初めてプレーすることが出来る。スクールに通う子供も、食事、送迎、洗濯、用具の購入、受講料などの父兄のサポートがなければスクールに通うことは出来ない。子供の頃は、そのような父兄の様々なサポートに気付かず、感謝する機会もない。親になって初めて、自分の親のサポートに気付くほうが多い。まずはサッカーをやらせてもらえている環境に感謝し、それを支えてくれている父兄や周囲のサポートに感謝する。そのインテリジェンスがなければ、決して素晴らしい選手になることは出来ない。


入力画面 確認画面 完了画面


は入力必須項目です

体験練習される方のお名前必須 例:フットサル 花子
体験練習される方のお名前(フリガナ)必須 例:フットサル ハナコ
ご年齢必須才 例:5才
学年必須 例:小学6年生
保護者様のお名前 例:フットサル 太郎
保護者様のお名前(フリガナ) 例:フットサル タロウ
郵便番号
都道府県
市区町村 例:千代田区麹町
番地・ビル名 例:6-2-6 ユニ麹町ビル5F
ご連絡先電話番号必須 例:03-6365-0210
ご連絡先メールアドレス必須 例:info@p-ground.com
※ご連絡先メールアドレスを、携帯電話のメールアドレスに設定した場合、PCメールの受信拒否などの設定をしていると各スクールやフットサルコートからのメールが受信できないことがありますのでご注意ください。
練習体験希望日必須 例:7月16日
ご質問など
例:うちの娘は5才ですが、同じような年齢のお子さん、どれくらいいますか?
●利用規約の範囲

ユーザの皆様はプレグラ(以下当サイト)に関するインターネットサービスの利用に関して適用される、以下の利用規約を承認するものとします。

この利用規約の他、当サイトからリンクされた他サイト、また利用する個別サービスの利用規約(本利用規約では網羅できない、個別サービス特有の規約)が存在する場合は、その利用規約に従ってください。


●禁止行為

本サービス利用に関しまして、全てのユーザが法令に則って安全且つ快適に取引を行って頂くために、以下に定める行為を禁止します。

・法令に違反する行為、および違法な行為を勧誘または助長する行為
・他のユーザのアクセスまたは操作を妨害する行為
・サイト運営またはネットワーク・システムを妨害する行為
・他人の名誉、信用、プライバシー権、パブリシティ権、著作権、その他の権利を侵害する行為
・他のユーザに対する中傷、脅迫、いやがらせ、その他経済的もしくは精神的損害または不利益を与える行為
・民族・人種・性別・年齢等による差別につながる表現の掲載
・ポルノ、ヌード画像、その他一般の方が不快に感ずる画像、言葉、その他の表現の掲載
・情報を改ざん・消去する行為、または事実に反する情報を送信・掲示する行為
・自分以外の人物を名乗ったり、代理権がないにもかかわらず会社などの組織を名乗ったり、または他の人 物や組織と提携、協力関係にあると偽ったりする行為。
・他のユーザの個人情報を収集・蓄積する行為
・当サービスに関わる記載について、無断でそのコピー、複製、アップロード、掲示、伝送、配布等をする行為
・同じアカウントを複数人で利用する行為
・一人のユーザが複数のアカウントを持つ行為
・その他公序良俗、一般常識に反する行為、当社が不適切と判断した行為

以上の行為が確認された場合、掲載情報の変更、登録削除を含めたしかるべき処置をとるものと
します。


●著作権について

当サイトのサービスを利用し、情報の入力・画像のアップロード等を行うユーザは、自らが登録した情報や画像について、著作権を保有するものとします。

※画像や文章等については、登録者が著作権や使用権などの必要な知的所有権を有する画像を使用することを前提とします

当サイトのサービスを利用し、情報の入力・画像のアップロード等によって作成・登録された情報や画像は、当サイト及び当サイトと提携するサイトにおいて、著作権者の表示など当サイトが必要と判断する処置を行った上で、利用できるものとします。

※上記内容については、事前の通知なく変更できるものとします。将来変更された場合、ユーザが変更後に利用する際には変更が適用されるものとし、ユーザは変更に同意したものとみなされます。


●メールについて

当サイトの判断に基づいて、当サイトの運営上の告知や、または機能の一環として、ユーザの登録アドレスに対して、メールを送信することがあります。ご了承ください。

※上記内容については、事前の通知なく変更できるものとします。将来変更された場合、ユーザが変更後に利用する際には変更が適用されるものとし、ユーザは変更に同意したものとみなされます。


●免責事項

・当サイトでは、基本的にユーザ同士の通信や活動に関与しません。万一ユーザ同士の衝突があった場合も、悪質行為と判断される場合を除き、それは当事者同士で解決するものとし、当社ではその責任を負わないものとします。

・ユーザの皆様は、当サイトでの自らの行為において責任を負います。投稿等が法令違反や著作権等の権利侵害にあたる場合には、損害賠償などの民事責任の他、刑事責任を問われることがあります。

法律またはユーザ利用規約の条項のいずれかにあなた、または他のユーザが従わない場合には、あなたが当社に対して有する権利、主張、法的措置、訴訟、訴訟手続きの全てから当社を免除し、放免するものとします。

・当社は本サービスはいつでも任意の理由で中断することができます。当サイト利用、または利用ができないことによって引き起こされた(直接的、間接的を問わず)損害について、一切責任を負いません。


●皆様の同意、法的手続き

・ユーザの皆様は、当サイトを利用することにより、この利用規約すべての記載内容について、同意されたものとみなされます。

またこの利用規約は当社の判断で任意に変更されます。将来引き続きご利用になる場合は、その時点での内容に同意されているとみなされます。

・この利用規約の準拠法は日本法とします。また、当サイトまたはこの規約に関連して当社と皆様の間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。

上記「ご利用規約」及び「個人情報保護方針」に同意のうえ、送信内容確認画面へお進みください。

PAGETOP